初心者から日経225mini(ミニ)で稼ぐまでということで
始め方についてまとめてみました。

 

僕がおすすめしているのは
日経225mini(ミニ)の中でも証拠金が更に少なく
初心者が最もリスクなく始めることができる、

1日で注文から決済までを完結する
デイトレードに向いた投資方法になります。

日経225先物ミニ投資とは?証拠金(資金)はいくら必要か?

 

必要な証拠金がとても少なく
デイトレード限定なので副業にも向いています。

 

また、上げ相場でも下げ相場でも関係なく
どちらでも勝っていくことが可能です。

日経225ミニの売買は下げ相場でも上げ相場でも関係ない

日経225mini(ミニ)をやるための証券会社を選ぶ

日経225mini(ミニ)をやるためにはまず
取引をするための証券会社選びから始めなければいけません。

 

楽天証券、SBI証券、松井証券、カブドットコム証券など
日経225mini(ミニ)を取り扱っている証券会社は多くあります。

しかし、日経225mini(ミニ)を取り扱っているからといって
どこでも良いとは限らないのです。

 

それは証拠金の問題です。

 

日経225mini(ミニ)は
6万円ほどの証拠金から始めることができますが
もっとリスクを抑えてやりたい場合には
しっかりと検討していく必要があるんですね。

 

こちらをご覧ください。

日経225先物ミニの証拠金を証券会社で比較してみた

 

先程僕がお話した証拠金をめちゃくちゃ低くできる
デイトレード向けの1日限定の投資は
証券会社によってはできない会社もあるのです。

 

したがってどれだけ最初に証拠金を準備できるかによっても
使える、使う証券会社の選び方は全く違ってくるという事です。

証券会社に口座を作り日経225mini(ミニ)の口座も開設する

証券会社選びが終われば口座を開きます。

ただ、証券会社の口座を開いただけでは
実は日経225mini(ミニ)の取引はできないんです。

 

証券会社の口座を開いた段階では
その証券会社の総合口座的なものを開いただけの状態です。

 

つまり、デフォルトの取引しかできない状態です。

 

デフォルトの取引とは
株式の現物取引などがそれにあたりますが
証券会社の口座を開いたあとに
日経225mini(ミニ)専用の取引口座を開きます。

 

上の画像を見ればわかると思いますが
口座を単に解説しただけでは基本口座が開かれただけの状態です。

 

先物・オプション取引口座というのを
証券口座開設後に新たに開くことにより
日経225mini(ミニ)の取引ができるようになります。

 

上画像は松井証券のものですが
どの証券会社もまずはデフォルト口座、

そして日経225mini(ミニ)口座と
段階を踏んで開設していくことになります。

 

ですので日経225mini(ミニ)で早く稼ぐなら
口座の開設はすぐにでも行うべきです。

証券会社の口座開設はネット手続きが早い

証券会社に口座を開設する場合には
・ネットで完結するもの
・書面を郵送で取り寄せて返送するもの

 

大抵の場合どこの証券会社でも
この2つの選択肢があります。

 

もちろんですが

・ネットで完結するもの

を選択することで手続きも早くなります。

 

郵送では口座開設を申請した段階で
申請住所宛に書面が届きます。

この期間だけでも早くても4~5日は要します。

 

しかし、ネット手続きでは
書面が到着するまでの期間を省くことが出来るのです。

 

もっと言えばその書面を送り返す期間も短縮できます。

 

書面の場合、必要事項を記載した上で
その書面を証券会社に返送しなければいけません。

 

返送書面が順次証券会社に届き
それを担当者が目視で確認し不備が無ければ口座開設できます。

 

ネット手続きではこういった往復の時間を短縮できるわけですね。

これだけでも相当な期間の違いです。

証券会社の総合講座から日経225mini(ミニ)口座へ資金移動

証券会社によって手続きは若干違うと思いますが
総合口座から日経225ミニの口座に資金を移動させます。

 

これはタイムラグなくすぐに資金移動できる選択もあるので
資金移動さえ完了すればすぐに日経225ミニの取引ができるようになります。

日経225mini(ミニ)を取引して稼ぐなら

デイトレードを目的として稼ぐなら
あまり難しいことを覚える必要はなく
最低限の知識だけを覚えておくと良いです。

 

日経225mini(ミニ)の無駄な知識は必要なし

無駄な知識があっても稼げるとは限りませんし
そういった無駄なことを覚えるよりも
最低限のことだけを覚える方が時間効率も良いからです。

日経225先物取引とは?トレードだけなら難しい事は覚える必要はない

 

証拠金と取引枚数について

証拠金と取引枚数に関しては
効率よく取引するためにも必ず知っておく必要があります。

日経先物225ミニ1枚とは?複数枚の損益推移とメリットデメリット

日経mini(ミニ)で効率よく稼ぐならエントリーポイントをツールに任せ目視で判断する

投資は稼げそうなポイントでエントリーしていくことが大事です。

そのためにも判断を任せれる部分はツールに任せ
あとは裁量でトレードしていくことをおすすめします。

 

どこでエントリーすれば良いのかなど
素人では判断することができません。

 

だからこそ最もタイミングの良いエントリーポイントを
教えてもらうことで効率よく稼ぐことが出来るのです。

音出ます!

音は   出ません。

僕もトレードをしていますが
ツールに任せる部分は任せることで
効率よく儲けていくことができています。

 

ではでは。

 

特典を使って実践している方の感想

スーパースキャルピング225特典の実践者さんからの成果報告記事

 

ブレイクスルー出来る数十万円レベルの情報

10日間で860円分の獲得「日経225BOM!エントリー仕様ツール」スーパースキャルピング225の特典

 

こちらの特典、そうとう喜ばれております

スーパースキャルピング225 勝率アップ特典(パーフェクトインジケーター!)

 

僕が使っている軸ツールはスーパースキャルピング225

スーパースキャルピング225を本音レビュー

2018年8月19日、特典追加しました

【特典追加】スーパースキャルピング225 勝率アップ特典

 

日経225が、よくわからない場合はこちらからお読みください

①このブログの管理人について

デイトレ投資初心者が勝てるか検証中のブログについて

②日経225ミニの基礎知識

日経225mini(ミニ)の始め方~初心者からデイトレードで稼ぐまで

日経225ミニの売買は下げ相場でも上げ相場でも関係ない

株式投資より日経225ミニの方が簡単に稼げる理由

日経225先物ミニ投資とは?証拠金(資金)はいくら必要か?

日経225先物取引とは?トレードだけなら難しい事は覚える必要はない

日経先物225ミニ1枚とは?複数枚の損益推移とメリットデメリット

日経225先物の取引出来る時間は?土日もやっているの?

日経225先物ミニの証拠金を証券会社で比較してみた

③怒涛の1時間

スーパースキャルピング225の実践・怒涛の1時間

④旧特典保管庫

スーパースキャル225の特典一覧

⑥実践など

スーパースキャルピング225実践記事(カテゴリ)