どうも、Kです。

 

今回は、
『日経225miniは最低いくらから?⇒裏ワザで0円から出来る方法』
ということでお伝えしていこうと思います。

 

実は以前にも日経225miniに関する必要証拠金、
つまり、

『日経225miniは最低いくらから?』

というような疑問の答えになりそうな内容の記事を
コチラで複数にわたって書いたんですが

日経225先物ミニの証拠金を証券会社で比較してみた

日経225先物ミニ投資とは?証拠金(資金)はいくら必要か?

日経先物225ミニ1枚とは?複数枚の損益推移とメリットデメリット

 

僕も日経225miniを常時やるようになってからわかったのは
『資金設定はこの限りではない』

ということです。

 

言い方を変えると

『必要だと思っていた最低証拠金の数万円を入れることなく日経225ミニで稼ぐことが出来る』

ということになります。

 

実は絶対に必要だと思っていた数万円
(証券会社によって違いますが3万とか5万とか7万とか)の
入金をすることはなく、

極論、総資金が0円でも気軽に数千円からでも
日経225ミニに取り組むことが出来るんですね!

 

もちろん、資金が大いに越したことはないですが
ちょっとやってみたいという方や超低資金から少し練習して
本格的にやってみたい。

という方には朗報ではないでしょうか?

 

証拠金の数万円を入金するのが億劫ということなら
全くそんなこと気にせずに

『とりあえず一切の入金なしで取り組む方法』もあるので
ぜひこのページを最後までご覧下さいませ!

 

日経225の証拠金を入れる必要がある場合と無い場合

それでは、まずは最低証拠金を
入れる必要がある場合とない場合の違いについてです。

日経225先物ミニの証拠金を証券会社で比較してみた

上記の記事でも書いていますが
日経225をやろうとすると
日本の証券会社では例外なく証拠金が必要になります。

 

じゃあ、証拠金がいらないのはどこかというと
『海外の証券会社』なんですね。

 

そして、そうすることで便利なことに
MT4上で直接取引ができるようになります。

 

僕も最初はこういった感じでパソコン画面上に
松井証券(国内の証券会社の板)と

MT4のチャートを並べて

 

松井証券(国内の証券会社の板)で取引をするという感じでした。

なぜなら、松井証券(国内の証券会社)と連動した
MT4がないからです。

 

あくまでもMT4で値動きを分析しなければいけませんので
MT4は必須なんですよね。

 

しかし、日経225を実践している方の大半(95%ぐらいでしょうか)が
MT4で値動きを分析して実際の取引は国内の証券会社を使っているので
日経225の取引をMT4上で完結してしまう。

 

という情報や概念があまりありませんでした。

 

だけど、実際には海外の証券会社を経由すれば
MT4から直で日経225の取引ができるわけです。

 

国内の証券会社のチャートや板を開かずに実践できますし
MT4で直取引をするメリットはありますが
それについてはまた後日記載しようと思います。

 

海外の証券会社というと少し
危険なイメージを持つ方もいるかと思いますが
よほどの悪質な会社を使わない限り全く問題なく

・入金
・出金
・取引

がちゃんとできますので実際に僕も使っています。

 

入金0円でも低資金でも取引できる裏ワザ?!

それではどうやって入金0円や低資金からでも取引できるのか
タネ明かしをしますね。

 

 

僕が使っているXM口座ですが
リアル口座を開設するだけで
通常3000円のボーナスが付与されます。

*キャンペーン期間中は増額されることもあります

詳細はXMのサイトをご確認ください。

XM公式ページを開く

 

リアル口座の開設で最低3000円が付与されるので
極論ですが入金しなくても取引が可能になります。

 

もちろん、レバレッジをかけることもできます。

 

また、実際に入金して資金を増やせば
その入金額に応じてさらにボーナスが付与されます。

10,000円入金すれば入金額と同額の10,000円.

30,000円入金すれば入金額と同額の30,000円

50,000円入金すれば入金額と同額の50,000円がもらえて
証拠金が倍になるわけですね。

 

入金した額の倍の軍資金で取り組むことが出来るのです。

 

『軍資金がふえるのは嬉しいが万が一なくなったらどうすんの?』

と思われるかもしれませんが
これについては心配いりません。

 

仮に30,000円入金すれば
入金額と同額の30,000円がもらえるので
資金は合計で60,000円となります。

 

そして万が一に60,000円全部負けてしまったとすると
日本の場合だと『追証』といって後日入金しなければいけません。

 

しかし、海外の口座にはそういった追証は発生しません。

 

つまりさきほどの例で言うと
仮に60,000円全部負けたとしても
実際に損するのは30,000円だけなんですね。

 

逆に入金した30,000円分損をしたとしても
付与された30,000円分がまだ残っているので
取引を継続することができます。

 

なんとなくイメージできたのではないでしょうか?

 

XMのサイトをまずは開き早速準備を進めていきましょう。

XM公式ページを開く

 

XM口座の開設方法

日経225でMT4取引するメリット